ルーマニア~ブルガリア国境(楽勝だぞ) -the border from Romania to Bulgaria-

09080201
ルーマニア国境のすぐそばでキャンプしていたため、朝はのんびり起床。いつも国境を越える直前にガソリンスタンドに立ち寄るようにしています。次なる国でガソリン価格がいくらなのか、どのくらいのクオリティのガソリンがあるのか、わかりませんからね。
ちなみにルーマニア以降、ガソリンを入れる前に先にお金を払う必要はなくなりました。セルフサービスで先にガソリンを入れ、後から店内にお金を支払いにいくやり方です。お客さんを信頼しているんでしょうね。オクタン価も100以上のガソリンがありました。

09080202
国境到着。カラファトって街だったかな? 次なる国ブルガリアの首都ソフィアの真北にある国境です。
09080203
川を挟んで反対側がブルガリアなのですが、橋はかかっておらず小さな船で国境を越えます。橋がかかっていないってことは人や物の移動があまりないのか…。同じEUでもあまり仲が良くないのかもね。
09080204
フェリーの待ち時間中にイタリア人の親子がやってきました。親子水いらずでツーリング中なんですって。これからトルコに向かうんだってさ。
この国境、「写真を撮るな!」など言われませんでした。EU圏内の国境越えはのんびりしたもんです。書類のチェックもすぐ終わりました。
09080205
船での国境通過は何か趣があっていいですね。対岸のブルガリア側の手続きも楽勝でした。グリーンカード(車両保険)を見せろ、とはここでも言われず。ブルガリアでは道路通行税なるものが外国からの車両にかかるようですが、バイクは無税。あと似たような他の税金で3ユーロ支払わないといけないんですが、ルーマニアのお金しかない、と言うと、支払わなくてよかったです。適当ですな。
この先たぶんトルコに向かうんですが、トルコからギリシャへの国境ではグリーンカードのチェックが必ずあるそうです。トルコでは最長1ヶ月のグリーンカードしか買えない、という情報があるので、ブルガリアでEU圏をカバーするグリーンカードを先に購入しておきます。首都ソフィアにHDIって保険会社がありグリーンカードが買えるそうです。場所は、ココ

2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    来年4月から15日間で、60過ぎのジーサン三人がバイクで、イタリアのミラノからトルコのイスタンブールまで行き、トルコからはギリシャ経由フェリーでイタリア南部に戻り、ミラノまで北上する予定でおります。
    お教え頂けると有り難いのは、
    ①イタリアからスロベニア・クロアチア・セルビア・ブルガリア経由でトルコに行くか、
    ②①のセルビア・ブルガリアの間にルーマニアにも寄ってトルコに向かおうか、
    と迷っております。
    ルーマニアを除いて観光バスでは行ったことは有りますが、それぞれの検問所でマイカー旅行者がもう何時間も待たされていると文句言っているのを聞きました。
    果して東洋人のオッサン3人がバイクに乗ってセルビア・ルーマニア・ブルガリアの国境をそれぞれ数時間の検問で通過できるのか大いに不安を覚えているところです。
    この辺りの越境がそれぞれ一日仕事となると、後の日程に少なからず影響が出てしまいますもんで。
    国境通過に時間を喰いそうな、セルビア・ルーマニア・ブルガリアの三ヶ国のバイクでの越境事情をお教え頂ければ大変有り難く存じます。
    バイクはミラノでレンタルしますので、イタリア籍、グリーンカードも揃っております。
    どうぞ宜しくお願い申し上げます。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私はバルカン半島は迂回したのでセルビアやクロアチアのことはわかりませんが、ルーマニア・ブルガリア国境はそれほど待たされることは無かったですね。国境で1日潰れることはどこの国でも無いと思いますよ。ロシアでも北アフリカでも、そんな経験は無いですし、EU内で登録されたバイクなら書類でトラブルこともないでしょう。
    恐らく4月初旬のバルカン半島はまだまだ寒いはずですし、15日間しかないんでしたら、国境がどうこうというより走りやすい、天候に左右されにくいルートを選んだ方がいいかもしれませんね。
    雨風に気を付けて、楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする