イタリア南部(メシが美味いんだな、ホント) -south Italy-

09081201
イタリアに到着。イタリア北部はまだまだ観光客でいっぱいだと思うので、先に南部を回ることにしました。こんな道をタラタラと走ります。

09081202
ブリンディシを出てしばらくは日本の田舎に似たこんな景色が広がっていて、あまり面白くなかったです。が、南に行くにつれ、最初の写真のような期待通りの景色が広がくるので少しの間は我慢我慢。
09081203
道中にはこんな古い建物もチラホラ。これは遺跡ではなく、今も現役で使われているレストランです。古い建築物が今もしっかりと使われているのが欧州のいいところ。石造りの建物はホント長く持つんですね。
09081204
道路沿いのあちこちにビーチがあります。ビーチ近くにはだいたいキャンプ場があり、設備にもよりますが5~20ユーロでキャンプできるみたい。その辺で勝手に寝るのは違法だと思う(これまでの国でもそうだったんだろうけれど…)。
09081205
なんてことはない、イタリアの街並みを抜け…
09081206
本日の宿泊先の3ツ星ホテルへ。雨が降りそうな雲行きだったので、いつもより早く宿を押さえました。1泊38ユーロ(朝食付き)。
09081207
シャワーを浴びたらとりあえずビールでしょう!
09081208
夕食まで暇なので3本くらいイタリア産ビールを飲んじゃいました! サッパリしていてウマイんだな、コレが!! ラベルの髭オヤジも愛嬌があるね!!!
09081209
同じように暇を持て余していた宿のオーナーに簡単なイタリア語を教わりました。チャオ(こんにちは、さようなら)、ボーノ(美味しい)、アモーレ(愛してるぜ!)、イタリアではこの3つだけ話せたらOKだそうです(笑)。イタリア以降、ガイドブックも会話集も用意していないので、毎日いろんな人から情報をもらわないとな。どの街にどんな観光地があるのか、さっぱりわかりません。
09081210
イタリアの伝統的な食事がどんなものかわからなかったのでお任せでオーダーしました。スパゲッティが出てくると思いきや、スパゲッティは無し。が、どのメニューも素晴らしい! たかがサラダがあんなに美味しいとは予想してませんでした。野菜が新鮮なのもあるんでしょうが、オリーブオイルがあの味の秘訣なんだと思う。ありゃあ、日本のオリーブオイルとはまったく別物だぞ!
09081211
「#%&!&%(名前を忘れました…)」とかいう謎の伝統料理。柔らかいピザって感じ。上にかかっているチーズもおいしいんだな。イタリア人の食に対するこだわりがビシビシ伝わってきました。この国では何を食べてもウマイのかも。これまでのどの国でも地元の料理を美味しく頂いてきましたが、今のところイタリア料理がブッチギリで1位だな。
09081212
食後はホテルの前のベンチに座り、何を考えるわけでもなく、ボーっと海風に当たっていました。
09081213
翌日からは南イタリアらしいこんな風景の中を走ります。
09081214
たまにはこんな綺麗な街並みも見かけます。イタリアの家はホントはこんなに綺麗じゃありません。これは別荘地。中に入って写真を撮りたかったんですが、入り口にセキュリティゲートがあって入れませんでした。
09081215
別荘地の写真なんて撮れなくても、海沿いには素晴らしい景色がたくさんあるから問題ないもんねー。
09081216
恒例のお気に入り道路標識。イタリアはアルファベット表記なのでロードサインが見やすいですね。ロシアからギリシャにかけてはアルファベットじゃない文字が使われていましたが(ルーマニアだけアルファベット使用)、かつての東ローマ帝国に影響を受けた文化圏(宗教がキリスト教の○○正教系の国)はアルファベットじゃない文字を使ってるんだと思う。
09081217
イタリアでは道路沿いに遺跡スポットの標識が無数にあります。これは遺跡じゃなく、昔っぽく作られた別荘地の門なんですけれどね。遺跡の標識が多すぎて立ち寄っていたらキリがないんです。
09081218
海沿いにはたくさんの砂浜があるんですが、砂浜が延々と続いているので海水浴場として整備されているのは一部分。こんな誰もいない砂浜もボチボチあります。プライベートビーチだぜ!
09081219
上のビーチは誰もいないだけあって、出入りできる入り口がありません。なので、線路を横切って侵入しました。気分はスタンドバイミーだな。
09081220
海のある街で生まれ育ったので、どれだけ打ち寄せる波を見ていても飽きません。湘南の景色が好きな人は、きっと南イタリアを気に入ると思う。湘南は狭いエリアですが、南イタリアは広いですよ~。山がすぐそばなので、にわか雨がしょっちゅう降りますけれどね。
09081221
そうそう。ギリシャでもそうでしたが、ここイタリア南部でもシエスタ(お昼寝)の習慣があるみたいです。午後から夕方にかけて商店が閉まり、通りから人の姿が消えます。レストランも閉まっているところがほとんどでした(ガソリンスタンドなど一部のお店は開いてます)。たぶんローマなどの大都市はシエスタ無しで働いている人が多いんでしょうけれど、田舎ではシエスタの時間に注意です。バイク屋でオイル交換をしてもらおうと訪ねたら、シエスタで閉まっていました…。

1件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: f8089a8ebf02cd3ed4c33c7e1f30dfd2
    海の色が明るくて、いかにもイタリアっぽい
    陽気な空気が伝わってくるねぇ。
    食べ物もおいしそう!
    これは体重倍増間違いなしだな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする