バイク修理とテストナイトラン -Sicilia , Italy-

09082901
ついに我がバイク、SRが戻ってきました! バイク無しでのこの4日間、ホントに辛かったぜ~。この12年間、身近なところにはいつもバイクがあったので、バイクの無い日常はあり得ないんだな。整備後のSRは別のバイクに生まれ変わったような感じ。ロシアからここまで、よくあんな状態で走ってきたなぁ…慣れって怖いね。リア回りの整備だけをお願いしたのに、イニャーツィオはスロットルなどの調整・注油もやってくれていました。こういう些細なところまで何も言わずにやってくれるメカニックは大好き。そういう些細な整備も気づいてあげられるお客さんでいたいと常日頃から思います。
それにしても、イニャーツィオの仕事振りは完璧。日本でもなかなか出会えないほどのプロフェッショナル。なので、そこそこの金額になっても気持ちよく支払うつもりでいました。が「旅人に高額の請求はできないぜ」とサスペンションの代金+5000円ほどの請求…。メカニックの“いい仕事”にはちゃんとした対価を支払うのが当たり前だと思っているんですが(技術が求められる仕事を値切るのが嫌い)、彼の気遣いを有難くいただきました。

09082902
テストラン&支払いが終わってもすぐ帰るわけじゃありません。たまたま訪れていたピレリの社員(写真中央。モトクロスレーサーでもある)やお客さんを交えバイク談義。用事が済んだらさっさと帰るのはダメ。のんびりと日常を楽しむのがイタリア流。
09082903
さて、寄り道をしながら、のんびりとマンダニーチ村に帰るとするか。シチリアの海沿いの道はこんなグネグネ道が多く、対向車の運転も荒いので注意! 景色がいいので、つい余所見したくなるんだけれどね。
09082904
ディエゴの友人が経営するレストラン兼民宿に立ち寄って長話。生粋のシチリア人はみんな肌が白いんだそう。陽射しの強い島なのに意外です。
09082905
彼らの宿からはこんなお城の眺めが楽しめます。このお城、お金持ちの個人所有で、ここに住んでいるらしい。現代にこんな暮らしをしている人がいるのか…。
09082906
夕暮れが近づいてきたので、ディエゴおすすめのフォルツァ・ダグロ(Forza d’ Aguro)という村へ。かなり高い山の上にあり、周囲の街がこんな風に見渡せます。
09082907
村外れにあった廃屋。こんな家をリフォームして住んでみたいねぇ~。最近、ほどほどに都会に近い田舎に住んでみたい願望があります。リアルすぎる田舎は嫌。
09082908
フォルツァ・ダグロの路地を散策。人気の無い路地はホント最高だな。ディエゴも私も人が多いところは好きじゃないので、村を散策するときはいつも夕暮れ直前にやってくることにしています。
09082909
日が沈んだ直後の空の色は最高だもんね。
09082910
結婚式を終えたばかりのカップルが記念撮影をしていました。カップルじゃなく、ついヴェスパの方にピントを合わせちゃった…。バイクの写真を撮るのが仕事だったときの癖だな。
09082911
何でもない村の景色1。説明は要らないよね。
09082912
何でもない村の景色2。街灯の写真を撮るのが好き。
09082913
何でもないバイク写真。最近、オフロードバイクも格好いいと思うようになってきました。サマになってるね。

3件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    夜の町並みや明かりの存在感ステキ!!
    でも、夜の撮影!ずいぶん明るいレンズみたいですね。

  2. SECRET: 0
    PASS: 504978514fb7e45f8611b0bc8f4532e0
    夜景(って言うのかね?)の
    写真が雰囲気あって良いですねぇ~
    これは街がそうなのでしょうか?
    カメラ技術でこう撮れるのだろうか?
    不思議・・・・

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    レンズは少し明るいヤツを使っていますが、それほど特殊なものじゃないですよ。
    日が暮れた直後なら日本でもこんな画が撮れる…かなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする