セブンシスターズをトレッキング -Seven Sisters, United Kingdom-

09101301
朝のセブンシスターズはこの日も快晴! 天気が悪かったら宿を引き払って出発しようと思っていましたが、延泊してセブンシスターズをトレッキングすることにしました。この時期にしてはラッキーな天候が続いてるぞ。これは「写真を撮って日本に紹介してくれ」というセブンシスターズからのメッセージなんだと思う。仕方ないなぁ、撮ってやるか。

09101302
前回来たときは崖ギリギリまで波が来ていて、海岸の一部しか歩けませんでした。が、この日はかなりが引いています。こりゃ西の端まで歩けるかも。
09101303
潮位もかなり下がってるみたい。このコケの高さまで海水がきている時間帯もあるってことだもんね。
09101304
しかし高い崖だな。今にも上から誰かが落ちてきそうな気がして、何度も見上げてしまいました。
09101305
遠くから見ると真っ白な崖ですが、よーく見るといろんな色の石が埋まっています。この黒曜石みたいな石は、木が何万年もかけて化石になったものだと思う(根拠ナシ)。
09101306
水着で歩き回るおっさん。いくら天気がいいとはいえ、この日もそれなりの寒さだったんだけれど…。裸族の感覚は一般人とは違うんだろうね。
09101307
崖の下を歩いていたら、海岸一面がコケに覆われているエリアに出くわしました。どこを歩いても足元が滑っちゃいそうだなぁ…引き返そうかなぁ…。
09101308
戻ろうかと迷って後を振り返ってみると、宿はもう視界の彼方…。進むっきゃねぇな。何度も滑りそうになりながら一歩一歩進みました。崖の下より上を歩く方が楽だよ。崖の上は柔らかい草地なので足を傷めないしね。
09101309
白亜の崖も場所によって色が少しずつ違います。
09101310
お! 崖が途切れた!! セブンシスターズの端まで来たぞ!
母ちゃん、オレ、オレやったよ!! やり抜いたよ!!!
足元がおぼつかなかったので、海岸線を抜けるのに1時間くらいかかっちゃいました。
09101311
セブンシスターズの西の端はこんな景色になっていて、今から向かいの崖に向かいます。あの崖からセブンシスターズを眺めると、東の端とはまた違った景色が楽しめるんです。
09101312
海岸を離れ、陸地側をトレッキングしながら向かいましょう。
09101313
羊さんが草をハミハミ。
09101314
美味そうだねぇ、キミ。おじさんが食ってやろうか?
09101315
前にここを歩いたときは霧がかっていて、こんなに遠くまで見渡せなかったよなぁ~。素晴らしい天気です。
09101316
いい景色。特別書くことはナシ。
09101317
この辺りは風が強い日が多いのか、木々は斜めに育っていました。
09101318
だいぶ離れてきたね。
09101319
ここから写真を撮りたかったのだ! ここからだとセブンシスターズの名の通り、崖が7つあるのがわかるでしょう…あれ? 5つしかない??
09101320
別角度から撮影。こっちだと7つあるのがわかりますな。この写真を押さえるために2時間近くかけて東の端から歩いてきたのだ!
…さて、戻るとするか。
09101321
うーん、ここをまた戻るのか…。視界の先を見ちゃうとやる気が無くなっちまうなぁ…。
09101322
帰りは崖の上を歩きます。ここ、写真では伝わりにくいんですが、かなりの傾斜なのよね。
09101323
でも上からの眺めは素晴らしい。
09101324
宿があるのは6番目と7番目の崖の間…一番奥の崖の手前にある建物です。遠いぜぇ…。
09101325
崖の下を撮影。かなりの高さ。落ちたら確実に成仏できちゃうね。
09101326
あちこちに白い石が転がっているので、観光客が石でいろんなメッセージを天に向かって描いています。これは恋愛成就の願い事かな? 叶うといいね!
09101327
え? ED?? これは…EDが何とか治癒するようにと願っているんだと思う。リアルだけれど切実な悩み…天に祈る気持ちはわからんでもない。でも、叶わないと思うぞ!
09101328
崖から目を離すと海が近いとは思えない景色だね。イギリスの内陸部ののどかな景色と似ています。
09101329
秋の平日だからか、観光客はそれほどいません。
09101330
観光客より放牧されている牛や羊の数の方がたぶん多い。この丘では牛さんの巨大なウンコを踏まないように注意! 景色に見とれていると、あちこちに仕掛けられた地雷のようなウンコに頭から突っ込んじゃうよ。
09101331
日本の乳牛とは種類が違うっぽい。ひょっとして肉牛??
09101332
朝より潮がもっと引いてきた。今日は一日中、海岸線を歩ける日みたいだな。
※夕方になると潮が満ちてきて、歩けなくなるみたいです。
09101333
陽気な白人があの上で記念写真を撮っていましたが、あの崖、近々崩れそう…。
09101334
結局、宿に戻ってくるまでずっと晴天が続いていました。今日はホントラッキーな日だったぜ。
カオリちゃーん、先週の嵐のカタキはワシがちゃんと取ったぞ!!

3件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    何ここ!こんな素晴らしいところがあるなんて!!海や崖もよいが内陸ののどかな感じとのギャップがすごいです。
    ターミー!!だめだよ。。カメラのぞきながら崖下を覗いたら、誰かみたいに落っこちちゃうよ!!気をつけてね。。。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    セブンシスターズに限らず、イギリスは本当にいいところです。天気さえ良ければ…。
    崖の写真は覗きながら撮ったんじゃないですよ。カメラだけ突き出して適当に撮りました。高いところはあんまり得意じゃないんですよ、私(笑)。

  3. SECRET: 0
    PASS: f8089a8ebf02cd3ed4c33c7e1f30dfd2
    七つ崖があるからセブンシスターズなのね。
    あの白い崖を女性としてとらえた詩的なネーミングに
    イギリスらしいセンスを感じます。
    さすがは紳士淑女の国やね。
    ところで湖水地方には行ったのかな??
    なかなかいいところらしいよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする