サハラ脱出! スベイトラへ -Douz to Sbeitla , Tunisia-

最終更新日

10070101
存分にサハラ砂漠を満喫できたので、そろそろドゥーズの街を出るとしようか。ドゥーズを出る日の朝は街の中心部がマーケットになっていた。毎週木曜日は市が立つ日らしい。

10070102
普段はガラ~ンとした門周辺にも出店が立つ。
10070103
10070104
スパイス屋台のそばを通ると、いい香りがしてきて食欲がそそられちゃう。
10070105
もう見慣れちゃった砂漠の荒野を延々と走る。こんな景色は本当に見飽きたぞ…。そういえば、地平線の先に見える風景って、だいたい40~50km先のモノしか見えていないみたい(山脈とかは別だよ)。あまりに暇なので、地平線の先に見えてきた街並みが何km先にあるのか、バイクのメーターで確認してみたんだ。地平線の先って、案外近くにあるんだね。
10070106
む? 道路脇の風景から緑が消えはじめた…。
10070107
ここはジェリド(Djerid)湖という湖を横切る道なのだ。ジェリド湖は夏の間はこんな風に水が干上がっちゃう。干上がった湖底は塩分が強いため、植物が育たないんだって。アメリカのエル・ミラージュ・ドライレイクと似ているね。ここでも干上がった湖底を車やバイクで走れるみたい(地面が湿っていて柔らかいエリアもあり、どこでも走れるわけじゃないよ)。
※ちなみに、ジェリド湖は雨季の冬に来た方が綺麗らしい。水を張った湖が道沿いにまで広がり、光が湖面に反射して美しいんだってさー。
10070108
道沿いには土産物屋がチラホラ。
10070109
水が少し残るエリアもある。
10070110
土産物屋が客寄せに作った塩のラクダ。
10070111
この水、なんでこんなに赤いんだろう??
10070112
ここも湖底ね。大地が白っぽいのは塩分のせい。
10070113
ジェリド湖を抜け、また変わり映えのしない道を進む。
10070114
シェビカ(Chebika)というオアシスでちょっと休憩。
10070115
ここはオアシスの中に短いトレッキングロードがあるのだ。
10070116
小さな滝もあって、見た目に涼しい。
10070117
トレッキングロードを丘の上まで登り、眼下を見下ろすとこんなパノラマが広がる。
10070118
今のシェビカの街(右奥)と、50年近く前に洪水で壊滅した旧シェビカの街並み(左手前)が並んで広がっている。
10070119
旧シェビカの街並みを探検してみるが、遺跡じゃないので別に面白くも何ともない。ただの家の跡だわ。
10070120
さぁ、また走ろう。シェビカを後にしてしばらくすると、砂漠の景色から山の景色へと変わってきた。やっとサハラエリアを脱出できたわけか…。しかし、最近こんな景色ばかりを見ていて、どの風景が美しくてどれが美しくないのかわからなくなってきた…。ちゃんとみんなに見せるべき美しい写真を撮れているのか、自信がないや。あまりにいい景色を見すぎると、脳みそがトロトロになって使い物にならなくなっちゃうのよね。
10070121
この辺りはタメルザ峡谷といって谷間の景色が美しいことで有名…なんだけれど、アメリカはネバダ州周辺の景色のスケールを小さくした感じ。もし、アメリカをバイクで走ったことがなかったら、きっとタメルザ峡谷を楽しめたんだろうな。でも、ネバダみたいな風景ばかりなので申し訳ないけれどパス。
10070122
で、本日の目的地、スベイトラ(Sbeitla)までの400kmの道のりをひた走る。砂漠エリアを抜けると気温が少し下がってきたし、途中でにわか雨も振ってくれて、午後はなかなか快適に走れたぞ。

20代に仲間と起業、会社を売却し、30代前半はバイクでユーラシア横断やバックパックを背負って世界一周をして過ごす。30代後半に再び、仲間と起業し、また売却してただいまプー。趣味はダイビングと古いバイク、BMW MINIなど。 インスタグラムはこちら。 https://www.instagram.com/hoorootermy/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする