モハーの断崖とバレン高原 -Galway to Limerick , Ireland-

最終更新日

10082001
昨日予告したとおり、今日はモハーの断崖(The Cliffs of Moher)に行ってきた。この日の天気はおおむね晴れ。

10082002
今日バイクで走ったのは石灰岩がむき出しになっている、荒涼とした大地。
10082003
モハーの断崖に向かう道中にはいくつかの観光スポットがある。ここはダンゴーラ城(Dunguaire Castle)。せっかく紹介してみたものの、ここがダンゴーラ城という以外の情報はまったく無い…小さくて可愛らしいお城だったよ。
10082004
道沿いに見かけた教会。特に古い教会ってわけじゃないんだけれど、美しい教会だったので立ち寄ってみた。
10082005
教会の敷地内にあったお墓。十字架が一般的なモノと形が違う。アイルランド特有のハイクロスってヤツね。
10082006
のどかな景色じゃのう。
10082007
というわけでモハーの断崖に到着。ここにはスゴク期待してやって来たんだけれど、思ったほどの迫力はない。ちょっと期待し過ぎていたかな。たぶん、去年イングランドで訪れたセブンシスターズと比較しちゃっているから、興奮しないんだろうな。崖が日陰になっていて、あまりいい写真も撮れなかったのも残念。夏は夕方くらいに来ないと、崖の写真が綺麗に撮れないと思う。私は午前中に来てお昼過ぎまで粘ってみたけれど、結局、崖に日が当たることはなかった。
10082008
モハーの断崖にあるオブライアン塔。ここからの眺望は綺麗らしいんだけれど、崖のいい写真が撮れないのがわかっていたから、私は登らず…。
10082009
午後はランチを摂りにドゥーラン(Doolin)村を訪問。
10082010
この村にはカメラを向けたくなるチャーミングな建物がいっぱいある。
10082011
10082012
ランチを摂ったパブ。
10082013
10082014
この地域は美味しい牡蠣で有名なので、生牡蠣にチャレンジしてみた。私は日本ではまず牡蠣は食べない。そもそも牡蠣はあまり好きじゃないのだ。でも、4年前にアメリカのサンタモニカビーチで食べた牡蠣がベラぼうに美味しかったので、ここの牡蠣にも期待していたのよね。でも、ここの牡蠣は日本の牡蠣と同じような味。サンタモニカで食べた牡蠣が特別に美味しい牡蠣だったのかなぁ…。
10082015
ランチの後はバレン高原へ。走れども走れども四国カルストに似た石灰岩だらけの風景が広がっている。
10082016
バレン高原では巨人のテーブル(Portal Dolman)と呼ばれるドルメンが有名。
10082017
ここはリムリック(Limerick)近くにあるボンラッティ城(Bunratty Castle)。お城の目の前までは行ったんだけれど、ちょっとお城に飽食気味だったので中には入らず。
10082018
で、先日スコットランドから北アイルランド行きのフェリーで知り合ったデニスの家に到着。この先、何日かリムリックにあるデニスの家でお世話になるのだ。
10082019
今晩の夕食は近所のレストランでお持ち帰りした中華料理。チャイニーズレストランは本当に世界中のどこの街にもあるんだね。
10082020
食後にTVで天気予報をチェックしていたんだけれど、ヨーロッパのTVに出てくる女性はふくよかな人が多い。日本人がイメージするヨーロッパ女性はガリガリのモデル体型の人だと思うんだけれど、一般的なヨーロッパ女性は彼女みたいにポッチャリ系が多い。女の子はこれくらい肉がついている方がいいよね。私はお尻や太ももがガリガリの女性はあまり好きじゃない。
※そうそう。アイルランドやスコットランドでは天気予報をあまり鵜呑みにしない方がいい。だいたい毎日、雨マークが出ているんだけれど、ずっと雨が降り続くことは今のところ1日しかなかった。晴れ間が広がる瞬間がかなりの確立であるので、天気予報が雨でも心配せず観光しちゃおう。
10082021
夕食後はデニスとYoutubeジャンケンをして遊ぶ。Youtubeジャンケンとは、交互に自分のお気に入りの曲をかけて優劣を競う私オリジナルの遊びで、これがなかなか盛り上がるのよ。デニスは60歳を超えているんだけれど、私は古い洋楽にもそこそこ詳しいので、世代の違うデニスともYoutubeジャンケンができちゃう。

20代に仲間と起業、会社を売却し、30代前半はバイクでユーラシア横断やバックパックを背負って世界一周をして過ごす。30代後半に再び、仲間と起業し、また売却してただいまプー。趣味はダイビングと古いバイク、BMW MINIなど。 インスタグラムはこちら。 https://www.instagram.com/hoorootermy/

2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: f8089a8ebf02cd3ed4c33c7e1f30dfd2
    アイルランドの伝統音楽、なかなかいいねえ~。
    なんかあたたかい感じがするよ。
    雅楽って外国の人が聴いたらどんな印象を受けるんだろう。
    かなり神秘に満ちた音楽やから、びっくりするやろうねえ。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >雅楽って外国の人が聴いたらどんな印象を受けるんだろう。
    >かなり神秘に満ちた音楽やから、びっくりするやろうねえ。
    デニスのコメントじゃないんやけど、これまで外人に雅楽を聞かせた感想で多かったのは、「なんだか眠くなる…」っての。わからないでもないかな。
    インドや南米の音楽と似た風に聞こえるって意見もあったかな。日本独自の神秘的な音楽ってイメージは無さそうだよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする