バンクシーとハロウィンパレード -New York , USA-

最終更新日

13103101
スパニッシュハーレムK’z Guest Room屋上のテラスで迎えるいつも通りの朝…は曇り空。……ニューヨークはこんな天気が当たり前だから仕方ないね。

13103102
屋上テラスの隣には、味わい深い眺めが広がっている。古いビルの屋上ってこんな感じなのね。
13103103
テラスから見下ろしたE110st。
13103104
さて、今日もニューヨークでせっせとグラフィティ巡り。今日はバンクシーというイギリスのグラフィティアーティストの作品を探して回る予定。今、バンクシーがニューヨークに来ていて、1日に1つ、ニューヨークのどこかにグラフィティを残していってるんだって。曖昧な地図を頼りにそれを探しているんだけれど、なかなか見つからない。代わりに他のグラフィティが見つかるから別にイイんだけれどね。
13103105
探せど探せど…
13103106
バンクシーの作品は見つからない…
13103107
が、バンクシーが作品を残すようなエリアではだいたいワシの気を引く何かが見つかる。
13103108
やっと見つけたバンクシーの作品! が、描かれて間もないのに強化プラスチックで壁が覆われて保護されている…グラフィティ自体は面白いけれど、こういう風に保護されちゃうとストリートアートって感じがしないなぁ。バンクシーはストリートにこだわっているんだろうけれど、高く評価されてしまった今はもうストリートを飛び越えちゃっているのかも。ワシが求めているグラフィティとはもう少し違うんだ。
13103109
これはその辺のギャラリーで飾られていたバンクシーの作品。よく知らないんだけれど、ストリートアートは既存のアートや社会への反発や皮肉を表現しているイメージ。だから、やっぱりこれはストリートアートとは呼べないかも。でも、立派なアートであるのは間違いない。
13103110
今日見つけたお気に入りのグラフィティ。
13103111
ハイライン沿いを歩けばこの壁が見つかるはず。W23st辺りね。
13103112
で、本日のメインイベント、ハロウィンパレードだ。ハロウィンが何たるモノなのか、どんなパレードなのかはよく知らない。
13103127
2年半前にネパールで再会した、サラリーマン時代の同期がニューヨークで働いていて、その子との再会ついでにパレードを見学してきたのさ。
13103113
夜7時から始まる仮装パレードには…
13103114
恐ろしい数の見物人が押し寄せる。見に来る人も何かしら仮装をしていて、それを見ているだけでも楽しい。
13103128
仮装のレベルは人それぞれ。もはやハロウィンを超えた、仮装とも呼ぶのが失礼なレベルの人もいる。
13103115
13103116
13103117
ゾンビ映画やドラマが流行っているからか、その手のメイクをしている人がたくさんいた。
13103118
13103119
13103120
これは…いったい何だ?
13103121
13103122
13103123
ニューヨーク名物の騎馬警官。
13103124
13103125
パワーレンジャーとかいうヒーローモノらしい。
13103126
同じ宿に泊まっているゲストも仮装してパレードに参加していたよ。

20代に仲間と起業、会社を売却し、30代前半はバイクでユーラシア横断やバックパックを背負って世界一周をして過ごす。30代後半に再び、仲間と起業し、また売却してただいまプー。趣味はダイビングと古いバイク、BMW MINIなど。 インスタグラムはこちら。 https://www.instagram.com/hoorootermy/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする